プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てのお礼
妊婦撮影や赤ちゃん、お宮参り、七五三などの子供撮影
そして結婚式の撮影を主にしていますが、今までに
お客様から「こんな撮影してもらえないでしょうか」
というようなご提案をいただいたことも少なくありません。

先月、20歳の息子さんの誕生日に、今まで一緒に子育てを
手伝ってくれたお母様に写真を撮影して
感謝を伝えたいというご依頼がありました。
お母様は数年前、脳梗塞で倒れられたため寝たきりで
ご自宅で介護をなさっているとのこと。

IMG_9009.jpg


お母様はお元気だった頃、「死ぬ時はぽっくり逝きたい」と
もしもの場合は延命措置などは絶対に取らない様になんて
常日頃からおっしゃていたそうで、介護を始めてから
「これで本人は喜んでいるのか葛藤の日々です」なんて
ご依頼していただいた娘さんが教えて下さいました。

撮影の数日前もお母様が体調を崩されて、撮影を決行するかどうか
とても迷われました。私自身も撮影をしたいという思いと
お母様がつらいようだったら撮影しないほうがいいのではと言う思いで
いったりきたりしました。

9060.jpg


でも撮影にうかがってみて、私は幸せをたくさんもらいました。


理学療法士のお孫さんが、一生懸命マッサージをしてあげていたり
息子さんや娘さんが体を起こしてあげたり、顔を拭いてあげたり。
そしてそこには、笑いがありました。

IMG_9003.jpg

IMG_9013.jpg


少し様子をみながらの撮影ではありましたが、
みんなで集合写真を撮ろうと外に出た時、
お母様やっぱり、とても嬉しそうでした。

IMG_0402.jpg

こちらの20歳のお孫さん。
とにかく笑顔が抜群に素敵でした。
お笑い芸人をめざす、心やさしい青年。

IMG_0401.jpg

お孫さんがおばあちゃんに「今までありがとうね」と
きちんと言葉で伝えていた時、とても感動的でした。

そして娘さんがお母さんに「子育て手伝ってくれてありがとう」と
花束を渡して見つめ合ったとき、とても緊張して魂が揺さぶられました。
20年間のお互いの思いが、この数十秒の中に詰まっているんだろうなあと
思わず息を止めてしまいました。
IMG_9064.jpg


IMG_9118.jpg


こんなに愛情があふれている家で
自分が育てた子供たちと、その孫たちに囲まれて
お母様本当に幸せだなあと何度も思いました。

介護は他人にはわからない、
肉体的にも精神的にもご苦労がたくさんあると思います。

もしかしたら苦労しかないかもしれません。


でも、彼女の人生に家族みんなが愛情をもって寄り添って
決して悲しい状態なんかではなく、まぶしいぐらい明るい
たくさんの花を添えている様な気がして
心がとてもあたたかくなりました。

20歳の記念の食事は、お母様がよく作ってくれた餃子を
みんなで食べようと準備が進んでいました。
9200.jpg


きっと賑やかなバースデーになったでしょうね。
たくさんの笑顔、ありがとうございました!!



スポンサーサイト
家族感
結婚式を撮って
結婚記念日の夫婦を撮って
妊婦さん姿を撮って
赤ちゃんの誕生を撮って
・・・・

と年々、同じ方を撮影して
家族がどんどん増えていくと
その家族の歴史を
自分がこのシャッターを押すことで
残しているんだという
実感がものすごくわきます。

意義深いというか

顔のしわと同じように
自分のカメラにもしわが刻まれているような


もう2ヶ月前のことになりますが
年賀状用の家族写真をとの依頼で
撮影にうかがったご家族。

浅草の近くにお住まいだったので
浅草寺での撮影のみをご希望でしたが
ご自宅でも是非!という私の「押し」で
お忙しいにも関わらず、ご自宅にあがらせて
撮影させていただきました

なぜならやっぱり初めてお会いして
すぐにはその家族の空気はうつせないものです。
5分でも10分でもそのご家族が生活している
空気をからだとカメラに染み込ませねば。

IMG_6841.jpg

しかし、ものの数分でコハルちゃんとヨシくんは
いいモデルさんに変身してしまいました

初めて撮っているのに
もうずいぶんと長い付き合いのような
そんな錯覚におそわれるほど
自然に心が開いて

いい家族だなあと
何度もファインダーをのぞきながら
思いました。
IMG_6978.jpg


「何ですか、このあたたかな空気は!」と
寝転んでしまいたくなるほど
やさしいきもちにさせるご家族でした。

7075.jpg

やっぱりご自宅にも伺ってよかったと思いつつ
この「味」が出せるような家族を
自分もつくれたらいいなあなんて
うらやましい気持ちで帰途につきました。



毎日毎日歩く
家の前の路地でパチリ。
IMG_7104.jpg


ここから続く家族の歴史が
また撮れますように。

伝達
家族のスナップ写真を撮る時は、心の中で
ものすごい独り言を言っています。

今はまだ小さい将来の彼、彼女に教えてあげたいことを
心の中で唱えながらシャッターを押します。

きみは小さい頃この家に住んでいたんだよ
きみはこんなおもちゃで遊んでいたんだよ
きみのパパはこんな風に遊んでくれてたよ
きみのママはこんなにいい笑顔できみを抱きしめていたよ
きみの部屋にはこんな風に写真が飾られてたよ

なんて。

記録。証拠。


その写真を見て数年後、数十年後に
何がフワリと思い出されるかは本人にしか
わからないけれど。

においとか音とか味とか
それに触れる事で一気に思い出がよみがえって
くるなんてことがたまにありますが


1枚の写真で


あなたへの愛情がずっと永遠であること
そして、父と母が一生懸命あなたを育てていたこと


ずっと忘れないでいてほしいなと思った
ある日の撮影でした。

IMG_6480.jpg


IMG_6536.jpg

IMG_6591.jpg


6776.jpg




家族写真
何でもない一日が、実は一番幸せだったりする。
朝起きて、御飯を食べて、遊んで、仕事して、寝て。


そんな事を何度も思った先日の撮影。


IMG_6887.jpg

以前も入学式を撮影させてもらったひろくん一家。
今回はお父さんも一緒の休日撮影です。


前回と違うのは何と言ったって、息子君たちの笑顔。
お母さんといる時の笑顔と、お父さんといる時の笑顔って
また全然別なのね、と少しのジェラシーを感じたりして。

保育園や小学校のお休みよりも、子供たちにとっては
「お父さんのお休みの日」が何倍も嬉しいに決まっているんです。

06961.jpg



でもやっぱり、わんぱく男子たちをしっかりと陰で支えているのは、
母なんだなあとそれもまたしみじみと思ったりして。

07164.jpg



2人の男の子の母だなんて、私は想像しただけで後ずさりしまいそうな大変さを
イメージしてしまいますが、こんな男子くんたちの笑顔が見れるのなら
やっぱり毎日頑張れるかもと。


07165.jpg


この何気ない一日のこんな写真の数々が、
将来息子君たちの心のおもしとなって、家族の大切さを
感じるきっかけになればいいなと思います。

07114.jpg



母の日とか父の日とか
毎年やってくる「母の日����������」や「父の日���Ƃ�����」。

今年は何をあげようかと前もって考えてはいるものの、
数日前や当日になっていつもあわてて何か用意したりして・・。
そして考えていた割にはたいしたものもあげられず、
「来年こそは素敵なプレゼントを!」と当日心に決めるのは、はい、私ですjumee��shy2

プレゼント�v���[���gってなかなかむずかしいですよね。
あれやこれやと頭を悩ますものの、毎年となると
ネタがつきてくるといいますか�ӂ��E�E�E


余談ですが、昔住んでいたHollywoodでは
セレブな方が多く生息しているため、そのような人たちには
「プレゼントコーディネーター」なる職業の方がついていると
聞いたことがあります����


「○○ちゃんの誕生日なの。こんな感じであんな感じで~」
などと説明するとぴったりなプレゼント�e�B�t�@�j�[を見つけ出してくれるという
超多忙&お付き合いを大切にする方々にとっては
なくてはならない、ありがたい存在の方々だそうで。


私も欲しい。そんな人jumee��Feel Depressed4


でも。


プレゼントをもらって嬉しい���킟�E�E�E理由のひとつは
自分のことを考えてそのために時間を割いて
用意してくれたということであることは
十分承知なのでありますjumee��DaNcE2


そこで



今年の「母の日」「父の日」には写真のプレゼントはいかがでしょう��



先日、お父様とお母様の結婚記念日に写真をプレゼントしたいと
娘さんからのご依頼で、井の頭公園に撮影にうかがいました�����


結婚50周年�N���b�J�[



誰もが経験できる年月ではありません。


しかしその時間を全く感じさせないほど
失礼かもしれませんが「初々しい」ご夫婦でした�h�L


「大先輩」を承知の上で申しますが
とにかくとにかく


かわいらしかったʰ�


私が「こうしてください、ああしてください」というリクエストに
照れながらも素直に答えてくださり、仲良く手をつないで歩く姿に
うらやましくもあり、微笑ましくもあり���������`������


写真を撮影するとわかったら2人でお着物を着て、
「楽しみにしていた」という気持ちをおしみなく
表現してくださる愛おしさ���邤���



50年後にこんな素敵な夫婦になっていられたら
どんなに幸せでしょう�n�[�g


そして、結婚記念日に写真のプレゼントをしてくれる
親孝行の娘がいるなんて、これまた何て幸せなんでしょう�G���������͂��Ă�������

8988-1.jpg



今年の母の日、父の日にみなさまも写真のプレゼントいかがですか?

ありだと思います�G���������͂��Ă�������



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<