プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚
cakes.jpg

私はハタチを過ぎた頃から甘いものをあまり食べなくなりました。昔は一人で本を見てケーキを焼いてみたり、クレープを焼いてみたり、大の甘党でしたが、不思議なもので今ではほとんど洋菓子を欲しない体になってしまいました。そのかわり困ったもので今ではお酒が大好物です。

子供の頃食べるものというのは、当たり前ですが母親が食卓に並べてくれたものですから、それが自分の食の歴史になりますよね。今、自分が家族の食事を作る役になってテーブルの上の食べ物を見ると、やはり母親が昔出してくれたメニューに似ているような気がします。子供のお弁当を作るようになったら、やっぱり母が作ってくれたお弁当の記憶をたどるんだろうなと思います。

写真のはるかちゃんのアルバムには、お母さんの愛情のこもったお弁当の写真をのせました。「キャラ弁」というものだそうですが、ママたちの間ではブームだそうで。アンパンマンやらセサミストリートやらいろんなキャラクターたちがお弁当を彩っていました。

将来大人になってこのアルバムを見たとき、彼女はどんな気持ちになるのでしょうね。楽しみです。

アルバムサンプルはこちら

スポンサーサイト
秋の風
nature.jpg

昨日とはうってかわって、今日はずいぶんと涼しかったですね。久しぶりにweddingの撮影をしてきました。私が撮影した中でも3本の指に入るぐらい一生記憶に残るであろう、かなり興奮したとっっっても素敵なパーティでした。天王洲にある運河沿いのレストランで行われたパーティでしたが、新婦さんがバレエを昔からならっていたということで(さすがに姿勢がピンとはっていてキレイでした。)、お父様とラストダンスを踊ってから新郎に受け渡すというシーンがありました。新郎とお父様はこの日のために社交ダンス教室に行って練習したとか。お父様の一生懸命な表情と、新郎の緊張感の中の幸せな表情と、そして新婦のしなやかな動きがとにかく素敵で、まるで映画をみているようでした。ロスで撮影していた時はweddingにダンスはつきものでしたが、日本ではなかなか見る事がなかったので鳥肌が立つほど興奮してシャッターをきりました。そして最後は船に乗って二人はゲストの前から船出しました。これは私も初めての経験!!

素敵なweddingを撮影するたびに、「あー自分の結婚式もこうしたらよかった、あーしたらよかった」なんて思ってしまいますが、もう過ぎたことはしょうがないですね(笑)。ないものねだりはやめます。

視線
chesuka.jpg
昔、ロスで一緒に住んでいたルームメイトの子供のフランチェスカです。まつげが長くておしゃべりが大好きな女の子でした。おやすみと言って部屋のドアを閉めても、またケラケラ笑いながら開けて、閉めては開けて閉めては開けてと毎晩繰り返してました。結局一緒のベッドで寝る事も何度もありました。もう7年も前なので大きくなったことでしょう。

子供はじーっと見ていても気づかないのは何でなんでしょう。なんて可愛いんだろうと、いつもじーっと見ていた覚えがあります。そしてよくこんなアップの写真を撮りました。でも気づいていない(笑)。食べるのでも遊ぶのでも、きっと全集中力を使って行動しているからかもしれませんね。またいつか会えるといいなと思います。


マクベス
makubesu.jpg

昨日は「マクベス」のお芝居の撮影をしました。去年の「じゃじゃ馬ならし」に引き続きの撮影でしたが、本当に1年というのはあっという間ですね。撮影をしながら「もう前回の撮影から1年か」と何度も思いました。舞台はベテランの役者さんたちはもちろんのこと、舞台のうしろでつくっていた、太鼓とお琴と笛の音楽が素晴らしかったです。とてもシンプルな楽器なのに、ここまで舞台の表情をさまざまに変えられるんだなと、感心しました。今日から六本木の俳優座で上演されます。興味のある方は是非。
うみとあおぞら
miyakoumi.jpg

miyakoumi2.jpg


こんなところで
miyakohashi.jpg

家族がならんで写真を撮ったら素敵でしょうね!宮古島です。
人見知り
IMG_5730.jpg

私は子供の頃、カーテンがゆれるだけで大泣きする臆病者でした。もちろん知らない人が近づこうものなら、そっぽを向いて隠れてしまうようなこどもでした。だから「この子は人見知りが激しいねえ」と大人の人から言われていた事を覚えています。「子供は理解できないだろう」と思っても、大人の言葉は、実ははっきりと耳に残って子供が覚えていることは多いかもしれませんね。事実、私は「この子は人見知りしてかわいくないねえ」と言われたおばさんのことをはっきりと覚えていますし(泣)。子供だろうと大人だろうとおじいちゃんだろうと、耳の聴こえない人だろうと、目の見えない人だろうと、「感じる」という気持ちは誰にでもあるんですよね。相手が誰であろうと、やっぱり相手の気持ちにたって言葉は発するというのは大事なことだなと思います。

それは、さておき、先日久しぶりに姪っ子に会いにいったら、大泣きされました(笑)。大泣きというか、叫びに近い、悲鳴に近い、びっくりするような拒否の涙・・。私がだっこをすると大泣き。家族がだっこすると泣き止む。の繰り返し。でも人間らしくなってきたなと思ってとてもうれしかったです。人のにおいとか違いとかを感じるようになってきたんでしょうね。泣かれないように、もう少し頻繁に会いにいくようにしますよ。





ぶた
miyakosoba.jpg

沖縄の宮古島に行って来ました。
海→豚→海→豚っていうぐらい、豚肉ばっかり食べてました。たぶん3日間で1頭は食べたな。大の豚(肉)好き。写真の食堂には2回行きました。こんなにボリュームたっぷりですが、お肉がとろっと柔らかくて、ぺろっと食べてしまえます。食後に黒糖のアイスキャンディがついているところがまた素敵。

毎日MyシュノーケルとMyひれで海に潜りましたが、水族館の中にどぼんといれられたかのような魚の数でした。魚も人のことを気にしないというか、人あたりがいいというか・・(笑)。

何度も何度もゆきたい島です。
徐々に写真もアップしていきたいと思います。


筋肉痛
sawa.jpg

先週末、秦野に沢登りに行きました。2年ほど前から始めましたが、今年はなかなかスケジュールが合わず、これが今年初めての沢登り!暑い中ばちゃばちゃと水の中を登っていくのは本当に気持ちよく、マイナスイオンを全身に受けている感じがたまりません。いつも一緒に登ってくださる沢登りメンバーの方々はかなりバラエティに富んでいて、建築家だったり、バーのママさんだったり、出版社の社長さんだったり。登るのも楽しみですが、もっと楽しみなのは、登った後にこのユニークな面々と酌み交わすお酒ですね。みなさん大きなリュックをしょいながら登っていますが、何で大きいかというとお酒やおつまみが詰まっているからです(笑)。今年はもう1回ぐらい行けるかな。

おいしい空気をたくさん吸い込んで、よし今週もがんばるぞとリフレッシュして帰ってきました。

夏休み
hokkaido.jpg

毎日、暑いですね。

という会話がたぶん世界中でされているんだろうなと思う、今日この頃。
だから、冬の北海道の写真。

夏休みをまだとっていない!
んです。本当は来週から、仲良しの飲み仲間でイタリアに行くはずでしたが、休みが調整できず・・・。かなりふて寝の毎日です。あ~。行きたかった。本当にどっかに行きたい。う~。

というストレスの中、来週ちょろっとだけ、強行的に宮古島に行くことにしました・・。
本格的な休みは10月かな。

まずはお仕事がんばるぞ、ということで。



http;//www.lifephoto.jp
夫婦の顔
mayumi.jpg

夫婦の顔ってだんだん、似てくるって言いますよね。

でも、結婚式の時からすでに2人の表情や雰囲気が何となく似てるということはかなり多いです。写真の二人もしかり。やっぱり惹かれ合って一緒になる二人ですから何となく雰囲気は似てくるんでしょうね。この結婚式はハワイであげられたのですが、今日、仕事の帰りに道ばたで、この結婚式に出席していたお友達から、声をかけられました。「ハワイで一緒だった、あの・・・」と。

よくぞ覚えていてくれました!もう2年前?あれ、3年前か?
あれから5キロぐらい太ったんですけどね、私。うふ。
とってもとってもうれしかったです!!

ハワイまで行くと何だかみんながみんなハイテンションで、夜はみんなでお酒飲んでわいわいしましたもんねー。楽しかったなあ、あの時。東京では全く知らなかった人たちが、2人を通じて知り合って、お酒を飲んで大笑いするというのは何とも不思議なご縁ですよね。K田さんのギターひく芸とかまた見たいな。

O太さん!今度、ハワイメンバーで飲みに行きましょう。

コトバ
neko.jpg

今年の春だったか、100歳を迎えた作家、翻訳家の石井桃子さんは、今でも海外の絵本を訳してお仕事をしていらっしゃると新聞で読んでから、一層尊敬し、感心しました。日本で育って来た人なら誰でも彼女が訳した本を読んだことがあるでしょう。クマのプーシリーズなどが有名ですよね。子供の頃は、誰が訳したか、誰が書いたかなんて意識して本を読んでいませんでしたが、大人になってあらためて石井さんの本を読むと、本当にコトバが優しくて、やわらかくて、あたたかくて、ぽーっとします。

昨日、撮影して、アルバムを作った女の子のお母さんからメールがありました。そのアルバムは、私がお母さんのお話を聞いて、彼女にはこういうことを伝えたいんだろうな、と私なりにまとめた言葉を写真に添えて、作りました。言葉のリズムってけっこう難しいんですね。ページをめくった時のリズムというか・・。重くなりすぎず、写真のじゃまにならないような、でも思いのこもったメッセージにしたいなと考えて私自身も何度も何度も読んでつくるのですが、その女の子、アルバムをとても気に入ってくれて、毎日のようにお母さんに「読んでー」と、せがむそうです。絵本じゃないのに(笑)。書いてある言葉はもうほとんど覚えてしまったと聞いて、何だか本当にうれしくなりました。コトバを添えてよかったなと思いました。

お母さんからのメッセージが、彼女の胸にずっと残るといいなと思います。

女の子なら・・
harukakami.jpg

小学校の頃、朝ご飯を食べながら母に髪を結んでもらうのが大のお気に入りでした。三つ編みとか編み込みとか、ボンボンをつけたり、リボンをつけたり・・。リボンなんて、箱にいっぱい詰め込んで寝る前とかにあけて見て、満足してました。く、暗い?(今でも実家にありますけど)


でも。

髪の量が半端なく多いので、三つ編みなんかしてもらうと、自分ではかわいいイメージなんですが、できあがって鏡を見ると、「綱」のようになっていることが多かったです。つな引きの綱よりも力強い感じ。真っ黒だし。

でもまあ、とにかく、あの毎朝の「今日はどんな髪型になるんだろう」という、どきどき、わくわく感は今でも忘れられない思い出です。





赤ちゃんの手
kitarute.jpg

赤ちゃんの手って、手首に輪ゴムはめてるみたいですよね。
プクプクでやわらかくて、つい握ってしまいます。
その手が、きゅっと握り返してくれたりするとちょっと涙。

こんなに小さいけど、生きてるんだなあって。
それで、ふっと疲れがどこかへふっとんでしまったり。

普段はクールをきめこんでいる私ですが、実はかなり涙もろいので写真撮りながらとか、アルバム作りながら泣いてることよくあります。おえつとかも。家でひかれますけど。

昔はおかんが、テレビをみていて横でシュっとティッシュをとる音が聞こえると「また、泣いてるよ」とよくバカにしていましたが、今ではそのまんま自分です。こわいですね、遺伝て。

昨日の24時間テレビとか、ずーっと泣いてました。わかりやすい、私。

ところで、ようやくホームページが完成にちかづいたのでよかったら見てみて下さい。

http://www.lifephoto.jp

妊婦写真
20070916200243.jpg

お腹の大きい時の女性は、何だか不思議な色気があるなあと撮影していて思います。赤ちゃんが産まれた後に会うと、また違う母の顔になっていて、違うオーラが出ていて。女性は本当に不思議です。

先日、このお母さんにアルバムを届けたらとても喜んでくれて、私もとっても嬉しかったです。今は宅急便などが便利で、作品を送ってしまうことがほとんどですが、やっぱり直接納品するという良さはありますね。目の前で反応が見られるのは、何ものにもかえがたい喜びです。

たくさんのきれいな妊婦さんの写真を撮っていきたいと思います。

子供の時の・・
IMG_0127.jpg

昨日、仕事仲間数人と「子供の頃のことって何歳ぐらいからの記憶がある?」という話になりました。その中で、家具や、使っていたコップ、部屋の絨毯など断片的なことは何となく覚えているという人が多かったです。

 でも、それは実は子供の頃の写真にうつっていたから「覚えている」という感覚で実際はやっぱり覚えていないのではないか、という話にもなりました。子供の頃の記憶って実は写真で見て残っているものなのかもしれません。

 lifephotoの撮影では、出張撮影にこだわりたいなあと思っています。その当時、住んでいた家の空気感をしっかりと、写真にうつしこみたいなと思います。

実は
IMG_4968.jpg

動物苦手なんです、わたし。
嫌いというのではなく、こわいという方が正しいですね。
子供の頃、大きな犬に襲われたのがトラウマになっていると
いうよくあるパターンですが...。
幼稚園の時、小鳥当番になった時イヤでイヤで
とりかごのふたをあけて、こっそり逃がしてしまった
こともあります。後日みんなにひんしゅくをかいました(苦笑)。

でもペットの撮影はとっても楽しかったです。
いろいろな表情をするので。
ペットも大事な家族の一員ですよね。

大学の時、一人でお茶をしてたら
「相席いいですか?」というおばさんが来て、
顔をあげたらなんと肩にイグアナをのせていました(大泣)。
さすがに悲鳴をあげて、お断りしました。
動物嫌い秘話はじょじょに...。

take a bath
mikakofuro.jpg
赤ちゃんのお風呂の撮影は、何とも微笑ましく、
その小さな体をどうにか守ってあげたいと、つい思ってしまいます。

この写真、「初めてのお父さんのお風呂入れ・・」
と思いきや、心配なおばあちゃんやお母さんが
あーだこーだと口をはさみ、みんなで手を出してきて
大人4人がかりの大騒ぎな1枚でした。

この体が日に日に大きくなっていくんですね。




家族写真はじめました
marikoninpu.jpg

カメラマンの先浜です。
ウェディングを中心に写真を撮影してきましたが、
結婚した後の家族のカタチにも興味がわいてきました。

そこで、いろいろな家族の風景を写真に残すことを始めました。
その時の気持ちや想い出が、ふっとよみがえるような1枚を
残していけたらいいなと思います。

このブログでは、撮影の裏話や、ホームページだけではお伝えできないこと、
そして見ていただく方々と、たくさん交流できればいいなと思います。
どうぞよろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<