プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんは神様
一昨日だったか昼間テレビを見ていると、某タレントさんが

「子供は神様だと思う。疲れて帰って来て子供の足をさわると
 びっくりするぐらい疲れがふっと抜けてしまうから」

なんて言っておりました。
ひとり、ウンウンとうなづいてしまいました。

赤ちゃんを撮影した日は、その日一日幸せな気分になります�n�[�g�̖�
そのムチムチした、ツルツルでぷよぷよで、何とも言えない
肌の感触はもう「癒し」以外の何ものでもありません。
IMG_1628.jpg

誕生時の体重のくまのぬいぐるみとか
赤ちゃんの最初の髪の毛で筆を作るとか
メモリアルグッズは多々ありますが、

この感触を再現したキーホルダー誰か作ってくれないでしょうか�G��


「生後3ヶ月目の感触」


なんつって�ӂ��E�E�E


むずかしいかあ~�K�b�N��
けっこう売れると思いますけど�G���������͂��Ă�������
IMG_1631.jpg


それはさておき、仙台のそうたくんを撮影して来ました。
しかし、よく言われることではありますが、
人の顔というものは変わりますね~。

妊婦写真を撮影した時は、それはそれはやわらかくて
幸せそうな2人でしたが、お父さんとお母さんになって
しっかりと「強さ」がプラスされたというか・・・�撣�邼�B���[��B

おむつ替えや、ミルクや、着替えや、抱っこや
2人で協力して一生懸命そうちゃんを世話している姿を見ながら
何とも言えない、あったかな気分になりました。

2054.jpg


そうちゃん、あなたのパパとママはあなたが生まれた時、
こんなにいい顔をしてましたよ。


あなたはこの足でどんな人生を歩むのでしょう。


IMG_2021.jpg


元気に生まれてくれてありがとう。
IMG_2083.jpg



スポンサーサイト
2年生
先日、ももちゃんが退院してから1年がたちました�G���������͂��Ă�������
なので昨日はささやかに家族3人でお祝いをしました。

誕生したのは4月ですが
一緒に家族揃って家で過ごせるようになったのは
去年の9月のことでした。

退院してからしばらくは、哺乳量の管理や病院通いで
慌ただしい日々でしたが最近はももちゃんのわんぱくぶりにも
慣れて来て少し余裕が持てて来たかなという感じです。

ずっと泣いていてどうしていいかわからなくなって
自分も泣いてしまったり、ミルクを飲んでくれなくて
どうしようと考え込んでしまったり、今となっては
「母親1年生」だった自分を懐かしく思います。

今の自分があるのも、支えてくれたまわりの人たちのおかげと
そして何より、ももちゃんが私を成長させてくれました。
自分よりも守るものがあるってすごいなあと思います。


最近嬉しかったことは、ももちゃんが「ママ、ママ」と言って
ハイハイしながら私の後をついてくるようになったことです���킟�E�E�E
最初は意味もわからず、ただ口にしているだけだと思っていたのですが、
どうやら「ママ=私」という認識があるようで・・・。


初めて言われた時は


「まさか、ママって私のことぉおおʰ�ʰ�ʰ�???」


なんて大げさに驚いてみたりして�G���������͂��Ă�������



母親2年生、大変なこともたくさんあるでしょうが
一層たくましく頑張っていきたいと思います!!



まだまだ細い足ですが、つかまり立ちを始めました。
IMG_8655.jpg



毎朝同じように寝癖ができます(笑)。
IMG_8668.jpg


このブランケットがないと眠れません。
IMG_8684.jpg


また1年よろしくね、ももちゃん。
IMG_1621.jpg


人生の選択
先日の結婚式撮影。
新婦さんにお会いしたのは今年の5月のことでした。
IMG_8724.jpg


誰からのご紹介でもなく、たくさんのwedding photographerの
中から私を見つけ出していただいたことに感動するとともに
アメリカ人の彼と結婚してロサンゼルスで新生活を始めると
お聞きして一層のご縁を感じました。

家族、友人、そして自分の育った国、日本が大好きな彼女にとって
「結婚してアメリカに行く」という選択は、とてもつらいものだったそうです。

でも、一旦日本に帰って来て彼のことを思った時、
「やっぱり一番愛する人のそばにいたい」と結婚を決意されたそうです。


10年前、私もロサンゼルスに行く事を決めました。
「留学」とは行っても、「何年後にどうなる」などという保証はなく、
家族にとっても大きな不安を胸に、私を送り出したことでしょう。
成田空港までの車の中では、家族と一言も口を聞けなかったのを覚えています。
一言でも口にしたら涙があふれそうで、一生の別れではないにしろ
今度いつ会うのかわからない家族との別れは本当につらいものでした。
今となっては遠い昔のことのように思えますが・・。


なので、娘をアメリカに送り出すご家族の気持ちも
日本を離れて生活していく彼女の気持ちも、
少しわかるような気がしました。


だからこそ、ご両親の結婚する2人に対する気遣いや優しさが
当日は胸に沁みました。心から祝福したい。でも離れるのは寂しい。
という複雑な思いが見え隠れする、そんな1日でした。

0003.jpg


でも、大切な彼との結婚は彼女にとってやっぱり嬉しい事で。
とにかく息を飲むほど美しい花嫁さんでした。

00003.jpg

IMG_9069.jpg



彼女にとってはかけがえのない、ご友人に囲まれた
小さなパーティーは本当に心温まる素敵な時間でした。

IMG_9523.jpg


お二人の幸せを日本からお祈りしてます。
ご結婚おめでとうございます!!


IMG_9647.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<