FC2ブログ
プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
妊婦写真
娘は774gの小さなからだで生まれてから5ヶ月間、
NICやGCUとよばれる病院の未熟児室に
入院してお世話になりました。

私は全くの無知だったので
こんな世界があるとは思ってもいませんでした。
ほとんどの赤ちゃんが無事に十月十日お母さんの
お腹で育って生まれてくるものだとばかり
思っていました。

だから始めて出産後、この未熟児室に入った時、
保育器に入った小さな赤ちゃん達がたくさんいる
その部屋に入った時、あまりにびっくりして倒れそうになりました。

それが、はじまりでした。

そしてそこで、かけがえのない出会いをたくさんしました。


この妊婦さん、ももちゃんを担当してくださった
助産士さんのひとりです。

IMG_9725.jpg


助産士はお母さんのお産だけを助ける方と
思っていたら大間違い
小さな赤ちゃんたちの看護も担当するんですね。


彼女には「手のひらのいのち」の写真展の際にも
トークゲストとして登場していただいたりと、何かと
お世話になっていたのですが、赤ちゃんが授かったと
聞いたときは自分の家族のことのように嬉しかったです


「あの時○○でなかったら・・」なんて考えたらキリがありませんが、


ももちゃんが早く生まれていなければ
この写真たちもこの世には生まれていませんでした。


結婚7年目にして待ちにまった命を授かったんだと
ご家族でとても喜ばれている姿を見て、
私も一緒にこの喜びを共有させてもらえて幸せだなあと、
授かってくれた新しい命に感謝の思いでした。


最後に少しお腹をさわらせてもらったら
何だかものすごい感情がこみ上げてきたもので、
急いで車に乗りました
あぶない、あぶない号泣するところだった。


人生においてものすごい濃密な時間を一緒に
過ごしてもらった方々との再会や時間は、
自分の気持ちがタイムマシンのようにぎゅーんと
その時に戻ってしまうようで。
いろんな気持ちがまざります。


出会いが
人生を
豊かにしてくれる


そんなことを実感します。


新しい命の人生のスタートがもうすぐです。
ベビちゃんあなたに早く会いたいです。
あ、でも早く出てきちゃだめよ(笑)。
IMG_9770.jpg



9885.jpg


誕生したら病院にももちゃんと遊びに行きまーす!
病院の皆さんにたくさん会えますように

スポンサーサイト





<