プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み
先日、日米の子育てについての
ドキュメンタリー番組を見ていて、
その中である先生の言っていた言葉が
心にとても残りました。

「子供というのは「今」がすべてなんです。
「今」が楽しくないと将来への希望なんて絶対に望めない。
今日楽しくなかったけど明日は楽しいだろうなんて
思う子供はいないんです。だから子供たちが毎日、
「今」楽しいと思えるような環境を作ってあげなければ
いけないんです」と。


娘が何か気に入らない事があって
泣きじゃくっている姿なんかを見ると、

「今がすべて」

ってとてもわかる気がします。
IMG_5887.jpg



確かに、子供の頃の「楽しかった思い出」というのは、
大人になった今でも覚えているし、それが自分の人生に
おいてもさまざまな場面で影響を与えているような気がします。


夏本番。


何だか、今年は私の中で
「夏を楽しむぞー!!」という気持ちがかなり
高まっていて、それはやはり娘が一緒に外出するのが楽に
なったというのが大きく、彼女に楽しい思い出を
たくさん残してあげたいという気持ちでしかありません。


今までは「あちい~早く夏終わってくれ~」と
かなり夏に怒られそうな態度で、ただ夏を乗り切っていましたが(笑)
子供の出現というのは人間をもかえてしまうのですね。
不思議なものです。


最近のお気に入りは
彼女の麦茶を飲む姿。

小さな手をいっぱいに広げて
コップを持ち、コクッコクッとのどをならして
飲む姿は、何とも愛おしい姿です。
IMG_5873.jpg


2年前は胃にチューブを通して
15mgとか20mgとかの母乳を注射器のような
ピストンで飲んでいたあなたが・・とついつい
思ってしまうんですよね。

自分でのどが乾いたと感じて
自分でコップを持って
自分でそれを口に持っていて
自分で水を飲む

と当たり前のこと?
にひどく感動してしまう私です。









スポンサーサイト
双子ママ
双子が生まれたらいいな。
いっぺんに2人のお母さんになれるんだもの


なんて、子供の頃や若い頃は
双子ママへの憧れみたいなものもありました。
双子ちゃんの持つ不思議な力などをよくテレビで
見たりしますが、ひとりずつの子供を育てるのとは
また違った驚きや発見が双子ちゃんにはあるのでしょうね。


そんな双子を授かったママ。

IMG_5151.jpg


出産まであと2ヶ月ちょっとありますが、
すでにお腹の中はふたりで2600gぐらいだそうで
すでに一人分あるではないですか!!
出産までには何グラムになるのかしら


IMG_5116.jpg


このご夫婦との出会いは不思議な事件でありまして。
私が婚約中に、当時ウェディング撮影の契約をしていた
ホテルで挙式予定だったふたりなのですが、
何と私の夫の会社の後輩同士だったのです!!


会社ではお付き合いを公表していなかったようなので
夫もそれを知りとても驚いていましたが、
ご縁で撮影をさせていただくことになり、


私は自分の結婚式よりも一足早く、夫の会社の方々に会い
レンズを向けるという何だか一人で、違う緊張感のある撮影でした(笑)。


そんなふたりに待望の赤ちゃんが
授かったと聞いた時は
ものすごく嬉しかったです。

IMG_5055.jpg


愛犬ぽん太くんも、
新しい家族の誕生を待ちわびて
いることでしょう!?
IMG_5180.jpg


幸せのおすそわけというのは
結婚式ばかりではありません。


あ~本当に待ち遠しい。


こんな嬉しい瞬間に立ち会わせてもらえるなんて、
ふたりとの出会いに感謝です。
その前に夫へ感謝か?


双子ちゃん写真、みなさまもお楽しみに。
男の子と女の子だそうですよ!!

病院が教えてくれること
昨日は娘ももこさんの
3ヶ月に1度の眼科検診でした。

目の状態が落ち着いてからは
3ヶ月に一度の通院になったので
病院に行く度に彼女の成長を感じます。

「前回は歩けなかったのにな」とか
「前回はまだ離乳食だったのに今日はパンを食べてる」とか
「前回はもうワンサイズ小さいおむつだったのにな」とか。

子どもは3ヶ月で出来るようになることが
こんなにあるんだ!と驚いてしまう反面

「私は3ヶ月でできるようになったことが果たしてあるだろうか・・」

と自分の成長しない様を思い知らされることにもなるのですが・・・。


病院にあった七夕飾りの願い事を見てみると
「◯◯くんの心臓が強くなりますように」とか
「◯◯ちゃんの命を助けてください」とか
「◯◯の腎臓をお守り下さい」とか
病気を持った多くの子ども達が集まる病院だけあって
親御さんたちの切実な願いが、そこにはありました。

それを読みながら、そういえば彼女が目の手術を
してから今月で2年たつんだなあと、あの時私も
「どうにか彼女の目に光をさしてください」と
毎日毎日、心の中で願っていたなあなんてことを
思い出しました。

人はいつから、短冊の願い事が
自分のことではなく子供や家族のことに
なるんでしょう。

今、こうして手術をした病院で、彼女と手をつないで
歩くことができるなんて夢のようだなと、
2年前の手術の日を思い出したら涙が出そうになりました。


あの日から彼女の人生も、私たち家族の人生も
変わったような気がします。

命に感謝すること
人に感謝すること
家族に感謝すること

元気に生きているということが
当たり前ではないということ。

それを病院に来る度に
思い出させてくれます。

混雑する病院の様子を眺めながら
ひとりでも多くの子ども達が
元気になるといいなと
願わずにはいられない七夕の日でした。


さて、そんなももこさん。
「魔の二歳」を満喫中でありまして
IMG_3725.jpg

あまりに手がつけられないと
わたくし、その場を完全放棄して

ただ無になって彼女を見つめる

という行為に出ます。
これ、結構ききます。
IMG_3741.jpg


「あ、ママこわれたかしら?」
と心配そうに顔を覗き込んできたりして、
効果大です(笑)。


最近はこうやって暴れん坊の彼女と
どうにか仲良くやっていく方法を
練る毎日ですが、大変なことでも笑い飛ばせば
けっこう何とかなるなと思うことも多く。

IMG_3838.jpg


やっぱり、私はももこさんに
育てられていると思う日々です。

ももちゃん、ママは3ヶ月で何ができるようになったかしら?


IMG_3849.jpg

やさしい家族
初めての妊娠というのは
わからないことだらけです。

「お腹が張る」ってこういうこと!?とか
出血したけど救急車を今呼ぶべき!?とか
今のは赤ちゃんが動いたってこと!?とか。

自分に起こっている体の変化が
正常なのか異常なのかがわからず
不安になってしまうことが私もよくありました。

なんせ全てが初めてのこと。
そして命が自分の中にあるという緊張感。

だから「おかしいかな?」と思ったら
深夜でも夫を起こして2人で本で調べたり
インターネットで同じ症状を探してみたり
二人三脚(三人四脚?)で妊婦生活を
送った気がします。


先日の妊婦さん。


旦那様は海外赴任のため、結婚してから
まだ数日しか一緒に生活をしていないという中
とても素敵な笑顔で迎えてくれました。

彼と離ればなれの生活を
しっかりと一緒に支えてくれているのは・・・・

IMG_2996.jpg


ワンコのプーちゃんでした。

このプーちゃん、撮影中は家の中を縦横無尽に
走り回りとにかく元気でわんぱくな様子でしたが・・・
IMG_2998.jpg


最近お腹が大きくなってきた彼女を思いやってか
夜中にお腹が張ってしまい、彼女が起きてリビングで
お腹をさすったりしていると、プーちゃんも寄ってきてお腹に
顔をつけてくれるそうです。


なんて優しいんでしょう
IMG_3133.jpg


赤ちゃんが産まれると同時に
旦那様も長い海外赴任を終え、
家族一緒の生活が始まるそうです。

ひとりで頑張ってきた彼女と
彼女を支えてきてくれたプーちゃんに
大きな拍手を送りたいと思います。
IMG_3193.jpg


ベビちゃん、パパとママと
やさしい家族が待ってますよ。
元気に生まれてきてね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<