プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の大地震で
この度の大地震、大津波で被災した方々に
心からお見舞い申し上げます。

東京でも大きな揺れでこわかったですね。
私は娘の通院で広尾の日赤病院にいて
必死で娘を抱きながら立っている事ができず
しゃがみ込んで揺れがおさまるのを待っていました。

その後の帰宅が大変で、都心は大渋滞で江戸川区の実家に
戻るのに車で7時間かかりました。

毎秒毎分、入ってくるテレビやラジオからの情報に
自分が今何ができるのかを考えます。無事にいる私たちが
どんどん被災状況に詳しくなっていくのと反比例して
被災した方々が未だに家族と連絡がとれなかったり
情報が不足している状況を見ると複雑で歯がゆい思いがします。

子供を持つ親として、一番に思いつく事としては
紙おむつや粉ミルクがなくて困っているだろうなという
ことと、車中7時間娘の機嫌を直すことに必死だった私としては
被災したということを理解できない小さい子供たちが
絵本やおもちゃなどで少しでもストレスがなくなれば
冷静になれる親御さんたちもたくさんいるだろうということ。

現在、まだ発災中であり何かを送る事は混乱するだけという
情報もあり、孤立している人々などの人命救助が第一の状況である
今、私たちにできることは支援の「準備」をしていくことだと思います。

一人の力は微力でもそれが集まって大きな力となって、ひとりでも多くの人々の
悲しみを、数パーセントでもこれから生きていく力にかえてもらえたらと心から思います。

家がなくなり家族が亡くなった人々の「これから」のためにできることを、
これからも毎日模索しながらいこうと思いますが、とりあえずリュックサックに粉ミルクやおむつ
おもちゃなど、送れるものを準備しておこうかなと思います。
(リュックサックがあると運びやすくて助かるという情報を見ました)

また、ご存知の方も多いかもしれませんが
yahooでは持っているポイントを寄付できたり
クレジットカードでの募金もスムーズにおこなえます。
現在2億円をこえる募金がすでに集まっていましたが、
私も、yahooポイントと、皆さんからいただいた撮影料の一部を
募金致しました。少しでも役立てばいいなと思います。

一応、リンクをはっておきます。
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


今回の大規模な被害は、これから日本国中に経済をはじめ
私たちの生活にもさまざまな影響をもたらすでしょう。
国民が一致団結して、助け合って復興の道をさぐっていければと
思います。小さくてもきっとひとりひとりの思いは届くはずと
信じて、みんなで助け合っていけたらと願うばかりです。
また、このような大きな地震を経験して個人レベルで「こうだったらよかった」
とか「こうしたらいいのに」と思った事はたくさんあると思うので
それを実際にかたちにしていくこと、これも大切なことだと思います。

lifePhoto 先浜恵理子

スポンサーサイト
海外ウェディング
先月、タイのバンコクに行ってきました。
日本で7,8年前からお仕事させていただいている
元プランナーさん(現在はウェディングコンサルティング)
のお二人がめでたくご結婚されることになり
海外で挙式を挙げるため同行させていただきました。

001t.jpg

海外での結婚式は日本から何度か
同行させていただいたことがありますが、
ゲストの皆様がとても開放的な気分になって
とにかく楽しそうないい表情になるので
大好きな撮影です。

02t.jpg


そしてやはりその国の「色」が出るというか
流れている空気が違う。建築物や植物、装飾によって
その国独特の味が出ます。

IMG_7458.jpg

今回のゲストの皆様は「会社の仲間たち」。
つまり、全員日本でウェディングに携わっている方々。
なので、お二人に喜んでもらおうと考え抜かれた演出や
お二人を知る仲間たちだからこその、あたたかい言葉たちは
式を彩るのに最高の材料となりました。

05t.jpg

いつも冷静でクールな新郎と、頑張りやで笑顔を絶やさない新婦が
式中ずっと、みんなに見えないように後ろで手をつないでいる様子が
とても二人らしくて、そんな二人がより一層好きになりました。

03t.jpg

夜はお庭での食事会でしたが、進行は何もなく
新郎新婦が各テーブルでゲストの皆さんと好きに食事をするという
ビュッフェスタイル。私が10年程前にロスで結婚式の
洋書を見つけて夢中になり「ウェディングフォトを撮りたい!」
と思った時の気持ちがふとよみがえってきた瞬間でした。

06t.jpg

楽しくて大笑いして
こみ上げてきてうるっときて
あ~幸せだなあってぐっときて
みんながそんな風に感じた一夜だった気がします。

それが結婚式の醍醐味なんだと思います。

007t.jpg

こんな忘れられない一日が人生を支えていくひとつの
要素になるのかもしれません。

あ~楽しかった。
これからもよろしく。
そして末永くお幸せに!!

008t.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<