プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直前の出会い
結婚式の撮影のご依頼は半年、1年前から受ける事も
ありますがだいたい3ヶ月ぐらい前に確定していることがほとんどです。

でも、ここ最近1ヶ月前や、はたまた2週間前という直前に
お申し込みを受けることが立て続けに3,4件ほどあり、
その出会いに感謝する今日この頃。

IMG_0404.jpg


こちらのおふたり、結婚式の写真にあまりこだわりはなく、
ご友人の誰かに撮ってもらおうと考えていたそうですが
Webでなんとなく検索していたところ
偶然にも私の写真を見て下さったそうで。

「びっくりして興奮しました」なんて嬉しいお言葉をいただき
これは絶対にプロに頼まなくてはいけない!と180度考えを変えて
下さったそうで。そんなこと言っていただけると本当に
あ~写真撮っててよかった~としみじみ思います。

IMG_3121.jpg

結婚式は何より、みなさんに祝福してもらえることや
花嫁姿やお食事を楽しみにされたり、ご家族や親戚、ご友人が一同に会し
同じ時間を享有できることなどなど、挙式前に想像するだけで
わくわくすることも多いですが、その中のひとつに是非、撮影される楽しみも
加えていただけたら、とても嬉しいです。

002.jpg

写真を撮られることが苦手だったり、初めはとても緊張した面持ちだったり
という方が大半ではありますが、照れくささを少し抜いて「よ~し楽しむぞ!」
なんていう心持ちに変えると、またぐ~んと結婚式の一日が幸せな時間になると思います。

IMG_3461.jpg

挙式は新婦母校の聖心女子大学の聖堂で。
こんな素敵な聖堂があったら「将来ここで・・」なんて
夢見る女子大生もきっと多いのでしょうね。

IMG_77672.jpg

IMG_3528.jpg

新婦も、式後は夢が叶って感無量といった面持ちでした。
そしてその表情を見た新郎が幸せそうで。


そしてそれを見た、私も幸せになり・・
きっとゲストの方たちも同じ気持ちになった方、多かったと思います。


だから結婚式、大好きなんです。ひひひ。

IMG_77676.jpg

式後はご友人たちの待つカフェで小さなお祝い会。
震災の影響で、披露宴は冬にあらためて行われる予定なんです。

ほっとした表情と、気のおけない友人たちに見せる
いつものリラックスした表情が、また印象的でした。
IMG_77673.jpg

親友&キューピッドであるご友人がこの日はお誕生日。
サプライズのケーキとても素敵でした!

IMG_77674.jpg



先日、お会いしたばかりなのに
結婚式を一緒に過ごしてみると、
何だかずいぶん前から知っていた様な
深い関係になってしまったような!?

そんな嬉しい感覚を覚えます。

これからもずっと大切にしていきたい出会いです。
私を見つけてくださって、ありがとう。


また冬に会いましょう。
お幸せに・・・・。


スポンサーサイト
子育てのお礼
妊婦撮影や赤ちゃん、お宮参り、七五三などの子供撮影
そして結婚式の撮影を主にしていますが、今までに
お客様から「こんな撮影してもらえないでしょうか」
というようなご提案をいただいたことも少なくありません。

先月、20歳の息子さんの誕生日に、今まで一緒に子育てを
手伝ってくれたお母様に写真を撮影して
感謝を伝えたいというご依頼がありました。
お母様は数年前、脳梗塞で倒れられたため寝たきりで
ご自宅で介護をなさっているとのこと。

IMG_9009.jpg


お母様はお元気だった頃、「死ぬ時はぽっくり逝きたい」と
もしもの場合は延命措置などは絶対に取らない様になんて
常日頃からおっしゃていたそうで、介護を始めてから
「これで本人は喜んでいるのか葛藤の日々です」なんて
ご依頼していただいた娘さんが教えて下さいました。

撮影の数日前もお母様が体調を崩されて、撮影を決行するかどうか
とても迷われました。私自身も撮影をしたいという思いと
お母様がつらいようだったら撮影しないほうがいいのではと言う思いで
いったりきたりしました。

9060.jpg


でも撮影にうかがってみて、私は幸せをたくさんもらいました。


理学療法士のお孫さんが、一生懸命マッサージをしてあげていたり
息子さんや娘さんが体を起こしてあげたり、顔を拭いてあげたり。
そしてそこには、笑いがありました。

IMG_9003.jpg

IMG_9013.jpg


少し様子をみながらの撮影ではありましたが、
みんなで集合写真を撮ろうと外に出た時、
お母様やっぱり、とても嬉しそうでした。

IMG_0402.jpg

こちらの20歳のお孫さん。
とにかく笑顔が抜群に素敵でした。
お笑い芸人をめざす、心やさしい青年。

IMG_0401.jpg

お孫さんがおばあちゃんに「今までありがとうね」と
きちんと言葉で伝えていた時、とても感動的でした。

そして娘さんがお母さんに「子育て手伝ってくれてありがとう」と
花束を渡して見つめ合ったとき、とても緊張して魂が揺さぶられました。
20年間のお互いの思いが、この数十秒の中に詰まっているんだろうなあと
思わず息を止めてしまいました。
IMG_9064.jpg


IMG_9118.jpg


こんなに愛情があふれている家で
自分が育てた子供たちと、その孫たちに囲まれて
お母様本当に幸せだなあと何度も思いました。

介護は他人にはわからない、
肉体的にも精神的にもご苦労がたくさんあると思います。

もしかしたら苦労しかないかもしれません。


でも、彼女の人生に家族みんなが愛情をもって寄り添って
決して悲しい状態なんかではなく、まぶしいぐらい明るい
たくさんの花を添えている様な気がして
心がとてもあたたかくなりました。

20歳の記念の食事は、お母様がよく作ってくれた餃子を
みんなで食べようと準備が進んでいました。
9200.jpg


きっと賑やかなバースデーになったでしょうね。
たくさんの笑顔、ありがとうございました!!



震災後の結婚式
今年の震災以降、特に3月~5月ぐらいに結婚式を
予定されていた方々は、中止にするか延期にするか
難しい結論を出さなければいけなかったカップルが数多く
いたのではないかと思います。

予定通り行われた結婚式も、延期をした結婚式も
招待されていたゲストや結婚式にかかわる関係者が
その決断と、その過程における大変な時間に対しお二人に拍手を送り
より祝福が大きくなったという結婚式も多かったかもしれません。

0024.jpg


5月に東京で予定されていた結婚式。新婦の彼女とお会いしたのは今年の初めでした。
彼の転勤で福島に在住とのこと。わざわざ東京に足を運んで
私の写真をじっくり見て、撮影の依頼をしていただきました。

そして、3月の震災。私は何だか胸騒ぎがして、メールをしましたが
連絡がなかなか取れず、避難者名簿や、行方不明者リストなどに載っていないか
とにかく無事を祈る思いで、毎日お二人の名前を探す毎日でした。
4月に入り避難していた彼女から連絡がきて無事を知り、結婚式も予定通りおこなわれることが
わかって、とにかく嬉しかった!!無事だったというだけで胸をなでおろしました。

0125.jpg

震災から結婚式までの2ヶ月間、準備するのも大変だったでしょうに
彼女が一生懸命考えた心のこもったアイディアの数々に、打ち合わせの段階で
感嘆してしまう程でした。

参列したたくさんの子供たちにフラワーガールや乾杯の発声など
いろいろな場面で役割を与えたり、家族や親戚にも、まんべんなく
スポットライトをあてて結婚式を楽しんでもらう心のこもった演出が
そこらじゅうに散りばめられていました。
IMG0567.jpg

そして、何より彼女を幸せにしよう!と決意した矢先の震災で、
自分の家族や彼女の家族にも、たくさん心配をかけたことに対する
彼のこの2ヶ月の心労を吹き飛ばしてしまおうというサプライズの
演出が素晴らしかった!!

IMG0904.jpg

「何て素敵な彼女なのかしら!!」と何度ももらい泣きをしてしまう程
愛情に満ちあふれた披露宴でした。

IMG0921.jpg


12年間のお付き合いをしてゴールインされた二人。
これからもっと、幸せな夫婦になるんだろうなあと
確信した素敵な結婚式でした。

震災後のたくさんの人の思いが詰まった
私にとっても、忘れられない結婚式です。

0474.jpg


あ、彼のこと全く書いていませんが(謝)、
私かなりツボにハマった程、面白くてチャーミングな言動の旦那様です。
当日は、涙涙のまっすぐな心の持ち主でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<