プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目のこと
長文になりますが・・・お許しを。

このブログに日々の撮影記録に加えて、
娘の成長記録も書かせていただくようになったのは
去年の4月のことでした。

全く予想もしていなかった小さな命の誕生にどう向き合っていくか
出産後、まだ自分の気持ちが落ち着かない時に
同じ体験をした超未熟児のお母さんたちのブログには
本当に助けられました。


だから自分も彼女のことを書くことで
同じ経験をしているお母さんたちを
勇気づけられたらと、そんな気持ちで始めました。

でも、

このブログによって会った事のない方から
激励のメッセージをいただいたり、
「いつも楽しみに読んでいます」と
コメントをいただいたり。


勇気づけられたのは私のほうでした。


そして今でも思い出す日、
このブログが一番私に力を与えてくれたのは
ももちゃんが目の手術をした日のことでした。


彼女が盲目になるかもしれないと宣告された日。
声がどうしてもでなくて旦那さんに筆談で
震えながらそのことを伝えた時は、
自分のしていることが夢であって欲しいと思いました。


その日から最後の望みをかけた手術を受ける日までは
一分一秒彼女の目のことが頭から離れませんでした。

真っ暗な世界からの人生のスタートに
自分がどうやって一緒に寄り添っていけばいいのか
自分に何ができるのか、とにかく不安な毎日でした。


心臓が口から出てしまいそうになるぐらい緊張した手術の日、
無事に手術が終わって家に帰り、心配してくれている友人たちに
一刻も早くそのことを伝えたいとブログを開くと
いつもの3,4倍のアクセス数が目に飛び込みました。


こんなにたくさんの人が彼女の手術を応援してくれていたんだと
思ったら、手術が終わった安堵の気持ちとともに
涙がぽろぽろ出てきました。


あの時は本当にうれしかった。


たくさんの人の気持ちが、ももちゃんの目を救ってくれたんだなと。



ただ、
手術は無事に成功しましたが
それによって彼女の目にどれぐらい
視力が出てくるかは成長しないと
わからないと言われてきました。

ここ半年ぐらいは手術の影響もあり
眼圧が高く、緑内障の症状が出ていたため
再度手術の可能性も否めない状態でした。
それはかなりリスクの高い手術と
言われていたためどうにか目薬で
症状が悪化しなければいいと。

なので、彼女の目に関しては
まだまだ心配な日々が長いこと
続いていました。


でも、病院に通いながら目の見えない子供たちや
その家族に会うにつれ、自分の気持ちも変わっていきました

目が見えないから不幸なんていうことは絶対ないと。
人には当たり前のようにできることが、できないからこそ
見えてくるものがたくさんあるような気がして。

病気や障害は、自分がなったらいやだとか家族がなったらいやだとか
誰もがそんな気持ちになるかもしれないけれど、でももってしまったら
それにどう向き合っていくかで、全く違う生き方になる気がして。
だったら前向きに、それを「個性」という強みにかえていくしかない
気がして。

たった1年でも、ももちゃんから教えられたことはたくさんありすぎて。
だから今はとっても感謝しています。つらいことも多かったけれど、
だからこそ得られた喜びの方が何倍も多かったと思います。




そして、



先月の眼科検診。
手術をしてくれた先生が
ももちゃんの目をのぞいた途端


「あーっ!����


と何かを見つけたように叫びました。


「きれいになった!もう大丈夫だ。よかったねー。」と。





今までずっと、予断を許さない彼女の目の状況下で
常に強面だった先生が、初めて笑顔を見せてくれました。


「僕の手術は大成功だったって、これでやっと言えるよjumee��peace1」と。


悲しみで言葉を失ったあの日とは違って
今度は嬉しさのあまり言葉を失いました。
そして頭を下げていることしかできませんでした。


何回頭を下げても足りないほど、
うれしくてうれしくて
泣き崩れそうになりました������


心配されていた眼圧もおさまり
手術後の眼底も、にごっていた目の状態も落ち着いて
これなら眼鏡をかければ日常生活が送れるぐらいの
視力がでるでしょうとのことでした。


この手術を受けることができたこと
病院に通える場所に住んでいたこと
早め早めに先生方が対処してくれたこと
手術に耐えられる体力があったこと
薬が効いたこと


とにかく運が強かったのと同時に
ものすごく環境に恵まれた結果だと
多くの方の力に心から感謝しています。


つらいつらい時間があったからこそ
目が見えるということへのありがたみを
こんなにも深く感謝できるのだと思います。



前向きに。



彼女からのメッセージを
これからもたくさん吸収したいと
思います。


いつも応援してくれて心配してくれていた
皆様に、嬉しいご報告でした。
本当にありがとうございました。


ももちゃん、よかったね。
IMG_0814.jpg


IMG_0840.jpg



この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/25 18:33】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/23 10:40】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/17 11:59】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/16 21:03】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/16 14:26】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sakieri.blog112.fc2.com/tb.php/174-7ea823eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<