プロフィール

lifePhoto

Author:lifePhoto
http;//www.lifephoto.jp

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

広告

妊婦写真、子供写真撮影のライフフォトブログ
カメラマン先浜恵理子によるlifePhoto blog。妊婦さんや赤ちゃん、夫婦、家族、結婚式の出張撮影をしています。2008年4月に744gの超未熟児で生まれた娘「ももちゃん」の成長日記もおりまぜつつ、日々の撮影記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!1ヶ月。
今日で彼女が誕生してちょうど1ヶ月です!おめでとう。

おととい実家から自宅に戻り、何ら今までと変わらない風景を見て、何だかこの1ヶ月に起こった出来事が嘘のような本当のような・・。まだぼーっとしております。「赤ちゃんを迎える準備は間近にせまった夏ぐらいでいっか」とのんびりしていた我が家には、全然「赤ちゃん色」がなく・・・。これから徐々に彼女を迎える準備をしていかなければ!

1ヶ月で娘も身長が2.5cmのびて、体重も約200g(一度水分が出て減ってから)増えました!順調に育っています。

早く産まれた赤ちゃんは、まだお母さんのお腹の中にいると思い込み呼吸するのを忘れてしまうことがあるそうで、娘も呼吸器によってきちんと肺をふくらませて呼吸できるようにしてあげている状態なのですが、この呼吸が安定するにはまだ時間がかかるんですね。

で、今朝病院に行くと看護師さんから「ももちゃん、少しお姉さんになったから感情が出て来たようで、人肌が恋しいみたい」と言われました。以前から、保育器の中に手を入れて包み込むようにしてあげると呼吸が安定すると言われていたのですが、その「手のぬくもり」をほしがる頻度がふえてきたようです。

「お手当て」という言葉があるように、手ってものすごいパワーを持っているんですね。少し押さえるようにま~るく手をおいてあげるとお腹の中にいるような安心感があるそうです。ばたばた手足を動かしていても、これをやってあげると自然と静かにすやすやと眠りに落ちていくんです!ハンドパワーですね。

あたため


今日はこの「お手当て」をする前にものすごい暴れていて、こんな「何かにうちひしがれているポーズ」をしておりました。この写真のポーズの後、生まれたての子馬のようにほっそい足がぐぐぐ~んと持ち上がったので、「もしかして四つん這いになるんじゃ・・」と少しあとずさりしましたが、片足だけで終わりました。ひゃっひゃっひゃ。びっくりして思わず「ひ~」と叫んでしまいました。

まあ、元気があっていいのですが・・。何ともかわゆい。%82%D5%82%C1%82%AD%82%E8%83n%81%5B%83g


CIMG0287.jpg

この記事に対するコメント

久しぶりにのぞいてびっくりしました。大変な経験をされましたね。
私も切迫早産で2ヵ月半、点滴につながれ病室の天井を見ていたので、ヒトゴトとは思えません。
心配や不安がムクムクと沸いてくることも多いかもしれない中で、前向きにお子さんと向き合う様子、本当に感動します。私は保育器のムスコにごめんね、と泣いてあやまってばかり、搾乳も痛くて泣きながらやってました(^^;)
これからもっともっといとおしい存在になるだろうムスメちゃん。健やかに成長されることを心から祈っています。
ちなみに、私のまわりの小さく生まれた赤ちゃんたち、みんな立派な?いたずらっ子に成長中です。そのときに備えて、どうぞ、ご自身のお体もお大切に。
【2008/05/09 11:44】 URL | nao #- [ 編集]

おめでとう!
ご誕生1ヶ月おめでとう!
ももちゃん順調でなによりです。
明るい笑顔に囲まれて、ももちゃんもきっとママのように
愛情深くて社交的な子に育つねv-344

【2008/05/08 22:49】 URL | nanako #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sakieri.blog112.fc2.com/tb.php/54-22214570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<